盗聴と盗撮への対策

許せない!!盗聴・盗撮の完全対策

理由は「見たい」、「知りたい」

プライバシーの保護、他人のプライベートな空間というのは他人にとって気になるものということは理解出来ます。簡単に話し、好きな人が出来た→その人のことを知りたい→じゃあ盗聴しよう!!
なんて考えで盗聴や盗撮を行う人もいます。そしてこれらの行為に対して罪悪感を持っていない人が多いということも問題で、盗聴や盗撮をした人たちは「あの人のことが知りたいからした」、「他にも目的はない」、「彼女(彼)と親しくなりたくて」といった理由が多く含まれており、自分の行為に対して正当性を主張する人までいます。

 

そして問題なのは、日々技術が進歩することで使われる盗聴器や盗撮機材が小型化し性能が高くなっていることで、見つからないように隠すのが用意な点です。
よく犯罪などを犯す人で「見つからなければ罪じゃない」といいますが、まさに盗撮と盗聴にはこれが当てはまってしまうのです。

 

盗聴器や盗撮機材を自宅で個人所有しており、またそれらの機材の販売から所持は罪に問われません。
しかし、それらの機材を設置した場合には罪に問われるのです。
盗聴器などを家に設置する場合には、電源コードの元であるコンセントの中や天井裏、電化製品の裏側などに設置されていることがあり、また部屋に侵入すると積荷なるので、郵便物など他の荷物に紛れさせて、部屋の主に自ら持って入らせるといった方法を取る場合があります。

 

これらの盗聴器の設置から盗撮機材の設置を防ぐためには個人で注意しなくてはならない点が多くあります。
このサイトではそんな注意点を詳しく紹介していきたいと思います。

盗聴器、盗撮カメラは見つけられる?

盗聴器や盗撮カメラは、盗聴をされたり盗撮されている人に気付かれないように、いろんな物に偽装をしたりして隠されています。
この偽装された盗聴器や盗撮カメラを見つけ出すのは大変難しく、見つけようと思ってもなかなか見つけることができるものではありません。

 

自分で盗聴器や盗撮カメラを見つようとすること自体を停めるようなことはいいませんが、個人が盗聴器や盗撮カメラを見つけるのは大変難しいです。

 

盗聴や盗撮を防ぎ、盗聴器や盗撮カメラを見つけるなら、専門業者に依頼をして探してもらうのが最も最善の方法になります。

 

それでも、なかには自分でどうしても見つけたいという人もいます。
こういった人は、盗聴器発見器や盗撮カメラ発見器といった専門機器を購入して、自分なりに探してみるのも一つの方法となります。
ここでは、業者に盗聴器、盗撮カメラの発見を依頼したときと、自分で発見しようとした時の違いについても詳しく説明をしていこうと思います。


ホーム サイトマップ